最新のイベント

お申込みはこちら

\ワクワクするまちは、みんなでつくろう!/

子どもが作る子どもだけのまちが11月13日に吉祥寺コピスに出現!
仕事体験を通じて、好きなこと得意なことを見つけたり、

憧れに出会ったり、知らなかった自分を知れたり…

失敗も成功もみんなで楽しめちゃうまちあそび。
子どもが主役のまちで、君は何をする?
主催:TeensTownむさしの実行委員会 協力:NPO法人プレシャスネット

 


イベント概要
日時:2022年11月13日(日)
対象
・当日参加:小学1年生〜小学6年生
・こども実行委員:小学3年生〜6年生(準備から参加できます)
定員:100名程度(事前予約制)
こどものまちって?
市役所で住民登録し、仕事を探して、
疑似通貨(Teen)を稼ぎ、そのお金を使って遊ぶことが出来ます。
子どもの街には様々なブース(お店)が出現予定!ブースはこども実行委員が企画します!

参加方法

1)まちをつくる!子ども実行委員になる
実行委員会は、子どもが集まって話し合い、自分たちでまちを考え、つくる会議です。スタッフの学生や社会人がサポートし、コミュニケーションをとりながら進めていきます。

【対象】武蔵野市及びその他近隣在住在学の小学校3年生〜6年生
【参加費】無料
【実行委員の定員】12名
【会議場所】コピス吉祥寺内(予定)
【募集〆切】2022年8月13日(土)
【実施日程】以下の原則すべてに参加できる方

(第2回)9月17日(土)13:00~17:00
前日準備:11月12日(土)
本番:11月13日(日)

※参加できない日がある場合、事前にご相談ください。※保護者の方の同伴は必須ではありません。

 

2)当日のみ参加する

【対象】武蔵野市(近隣)在住在学の小学校年生〜6年生
【募集】下記フォームにて申込予約受付中!
【参加費】500円(予定)

各種申込みはこちら

 

中高生以上の方のスタッフも募集します!

スタッフに興味のある方はこちら

 

主催団体について

TeensTownむさしの実行委員会は、子どもたちに「まちとじぶんを考えるきっかけ」を届けるために活動する市民活動団体です。武蔵野市出身の学生や社会人をはじめ、地域教育に興味があるメンバーで構成されています。メンバー詳細はこちらから

お問い合わせは公式LINEから

物品・広報・ご協賛等のご協力や、
企業・個人様とのコラボラーションのご相談もぜひお願い致します!
mail: teenstown.musashino★gmail.com (★を@に変えてください)

 


おとなのかたへ

こども実行委員になるとこんな経験ができます!

実行委員は事前から話し合いに参加し、おとなスタッフと一緒にイベントを企画する立場となります。具体的な役割は2つあります。
お店を企画する:やってみたいお店やブース(飲食ブースもあれば、警察のようなブースも!)を考え、担当する。
話し合いに参加する:実行委員みんなで話し合い、イベント全体の人やお金(Teenというイベント内のみの疑似通貨)の流れを議論したり、ダンボール等で装飾を作成したりする。

■0から企画する経験
お店の企画書を書き、自分のアイデアややりたいことを言葉やイラストでまとめていきます。時には学生ボランティアやスタッフが考えをまとめるお手伝いをします。

■対話・コミュニケーション
異年齢のメンバーと、グループワークを通じて意見をまとめ、イベント全体の企画にも関わります。

■実際の社会の仕組みを学ぶ
実行委員は、こどものまちのなかで、人の流れや、お金の流れなどを「じぶんたちのまち」として、自分ごととして考えます。実際の社会の仕組みに興味が湧くきっかけとなるよう、スタッフがアシストします。

お子さんの好き!得意!を存分に発揮しながら、学校以外の多世代の人と話し合ったり、
社会について考える経験を届けたいと考えています。

実行委員の当日までの流れ

代表メッセージ
・・・まちで「声」を出してみよう!
長く続くコロナ渦で、子どもたちを取り巻く環境も大きく変わってきています。
家や学校以外の大人とお話したり、街中で、勇気をもって「声」を出してみる。そんな経験は特別なものになっています。
こどものまちでは、子どもが主体性を生かせるように、「大人は口出し禁止」であり、答えを聞かれてもすぐには教えません。
ブースの運営をしながら、ルールや正解が無い中で、子どもたち同士で決めていきます。スタッフも「どう思う?」から対話を始め、おとなも一緒に考えます。
その中で社会をしくみに興味を持つきっかけを掴みます。
1からブースを企画なんてできるかな?
また、ブースの企画は子どもが1から考えます。
実は本イベントの実行委員長は、昔、子ども実行委員の1人でした。
「お好み焼き屋」の店長だった私は、メニュー開発や値付け、パッケージの装飾、当日の準備や、お客さんとどうお話するかなどを友だちと一緒に考えました。
街のお店を思い出したり、家のレシピを参考に大人のやっていることを学び取り、見よう見まねでブースを企画しました。
仲間と一緒に考え、正解はわからないけどやってみる。そんな自分のアイデアが形になる経験は深く心に残り、進路に悩んだ時に思い出し、指針になるような思い出になりました。
どんなお子さんでも、楽しいキッカケがあれば、
主体的に社会の仕組みを学んだり、ジブンと向き合いはじめます。
『10年後の自分や社会をちょっと身近に!』
お子さんの興味があれば、いや、ないからこそぜひ「こんなのあるけどやってみる?」と
お声がけ頂ければうれしいです。
盛りだくさんのワクワクプログラムで、あなたにぴったりのきっかけをお届けします。

各種申込みはこちら

 


 

【お申込みおよびご参加にあたっての注意事項】

*必ず保護者の方がご確認いただき、同意のうえお申込みください。

■個人情報について

・お申込みに記載いただく個人情報は、本イベントに関するご連絡(資料等の送付を含む)や質問へのご回答、次回の子どものまちTeensTownむさしの開催のお知らせに使用します。これ以外の目的では使用しません。
・実行委員会及びイベントの開催状況を撮影記録するため、会場内で動画・写真撮影を行いますのでご理解ください。撮影した動画・写真は、ホームページやSNSなどでの情報発信に用いることがありますが、持ち物に記載されたお名前など、個人が特定できる動画・写真等は使用しません。

■お申込み
・当日の参加枠はそれぞれ先着順となっています。定員に達した時点で申込みを締め切ります。(当日参加者は、定員に満たない場合含め、当日若干名受付予定です。)予めご了承ください。
・お申込み後、参加が難しくなった場合は、実行委員会までご連絡をお願いいたします。
・グループ単位での参加希望(お友だち同士の参加に配慮し)も受付けます。
・コンテンツ及び催し物は、予告なく変更する場合がありますので予めご了承ください。

【免責事項】
・参加者は、自己の判断と責任において本イベント及び申込みを行うこととします。
・利用者がイベント参加又は本注意事項等に関連して生じたクレームや請求又は自己の損害については、自己の責任と費用で解決するものとします。
・参加者が本注意事項違反に関連し、紛争または問題が発生したとき、参加者は自らの責任と費用において発生した紛争または問題を解決し、主催者にいかなる迷惑または損害も及ぼさないものとします。
・参加者は、前項の紛争又は問題の解決に対応するため主催者に費用が発生した場合これに関連して賠償金等の支払いを行った場合、当該費用および賠償金等(主催者が支払った弁護士費用を含む)を負担するものとします。
・参加者同士のトラブルへの責任は主催者側では負いかねます。


実行委員募集チラシダウンロード

タイトルとURLをコピーしました